ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月09日

大型アンケート!現役ブンデスリーガー167人に聞きました

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツを代表するサッカー専門誌kickerが毎年実施している、恒例企画『現役ブンデスリーガに聞きました』。今回は総勢167選手が最も価値を上げたと思う選手や監督、逆に最も下げた選手や監督などのアンケート調査へ応じてくれている。

今シーズン最も印象的なフィールドプレイヤーは?:連続選出されてきたロベルト・レヴァンドフスキは僅か11.4%に止まり、代わりにトップ選出されたのがライプツィヒのクリストファー・エンクンク。ただそれでもポーランド代表主将はレヴァークーゼンのフロリアン・ヴィルツ(10.2%)を抑えて2位となった。

今シーズンで最も評価を下げたフィールドプレーヤーは?:確かにバイエルンでブンデス優勝を果たしたものの、それでも個人的には期待値を下回ったマルセル・サビッツァ(22.2%)を筆頭に、ウパメカノ(6%)、サネ(6%)ら、バイエルンが上位3名を占めた。

今シーズン最も印象的だったゴールキーパーは?:確かにボルシア・メンヒェングラードバッハは激動のシーズンを過ごすことになり、欧州の舞台からも来季は不在という事態にまで追い込まれたものの、それでも守護神ヤン・ゾマーの奮闘ぶりは選手たちも目を見張るものがあり、フライブルクのマーク・フレッケン(17.4%)とバイエルンのマヌエル・ノイアー(12%)を抑え、19.8%の支持を集めた。

今シーズンで最も評価を下げたゴールキーパーは?:こちらも同じく今シーズン期待値を大きく下回ったヘルタ・ベルリンから、アレクサンダー・シュヴォロウの名前があがっており、同じく定位置の座を失ったケルンのティモ・ホルン(12.6)や、フュルトのサシャ・ブルヒェルト(7.8%)に大きく差をつける29.9%の票を集めた。

世界最高の監督・選手は?:選手部門はカリム・ベンゼマが(44.9%)を抑え、CL決勝で敗れたもののフィルジル・ファン・ダイクがトップ選出(52.6%)。同じく監督もユルゲン・クロップ監督がペップ・グアルディオラ監督(プレミア:16.8%)やカルロ・アンチェロッティ監督ら(CL:9.6%)、タイトルを譲った指揮官2人を抑えて7割もの支持を得ている。ちなみにGKではマヌエル・ノイアーが43.1%と、CL優勝のティボー・クルトワ(17.4%)に圧倒的な差をつけた。

今シーズンで最も評価を上げた監督は?:1.FCケルンのシュテッフェン・バウムガルト監督が、来季のEL出場復帰を果たしたSCフライブルクのクリスチャン・シュトライヒ監督(26.3%)、そして途中からドイツ杯優勝とCL出場権確保を果たしたライプツィヒのドメニコ・テデスコ監督(10.8)を抑えて、29.3%の票を集めている。

今シーズンで最も評価を下げた監督は?:ブンデスリーガ最終節にて相次いだ監督解任劇より2人の指揮官、昨夏にボルシア・メンヒェングラードバッハの監督に就任していたアディ・ヒュッター監督を筆頭に(23.4%)、シーズン途中からヴォルフスブルクの監督に就任していたフロリアン・コーフェルト監督(14.4%)、さらに途中就任から途中解任となったヘルタのタイフン・コルクート監督(13.2%)がトップ3を占めた。


今シーズンで最も良い意味でサプライズを演じたクラブは?:ドイツ杯決勝進出、そして最後までCL出場権争いを展開したSCフライブルクが、ケルン(20.3%)、そしてクラブ史上初となるEL出場を果たしたウニオン(11.4%)を抑え、過半数以上でトップに(52.1%)。ちなみに逆に悪い意味でのサプライズにはヘルタ(35.3%)、グラードバッハ(29.9)、ヴォルフスブルク(25.8)となっている。

最もプレーしたいと思うリーグは?:このアンケートに対して現役ブンデスリーガーのうち、実に47.3%がブンデスリーガを選択。2位にはプレミアリーグが34.7%と続いており、ちなみにスペインのラ・リーガ(9%)やセリエA(5.4%)、リーグ・アン(1.8%)に大きく差を開ける結果にもなっている。

SNS?スーパーリーグ?W杯隔年開催?プレーオフ:この質問に対しては19.2%が「非常に重要だと思う」と回答。さらに「重要」という回答も47.3%に及ぶものとなっており、「全く不必要」の回答は9%に止まった。スーパーリーグ構想も明確で73.1%が「実現しない」と回答。W杯各年開催も97.6%が「NO」を突きつけ、ブンデスリーガのプレーオフ導入も80.2%が反対の意向を示した。

審判員への評価は?:今回アンケートに回答したブンデスリーガーたちのうち半数以上(52.1%)が、特に悪化したとは思わないと回答したものの、ただし改善したと思うはわずか9.6%で、悪化したという回答は38.3%という結果に。またVARについてもこれまでの審判員だけでなく、元選手や元監督も関わるべきという意見が77.2%を占めた。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報