ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月22日

ブラジル大会以降、セットプレーで精彩を欠くドイツ代表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


決してセットプレーは、ヨアヒム・レーヴ監督が得意とする分野ではない。むしろ指揮官としては素早く、流れるようにボールをピッチ上で走らせる、美しいサッカーを好んでいるのだ。ただその結果ドイツ代表では、長年にわたりセットプレーをおざなりにされてきた部分がある。そこで力を入れたのは前回のブラジル大会、当時SDを務めていたハンジ・フリック氏によるものであり、小さなグループにわけてトリックプレーなどに取り組み、結果としてそれがその後の成功へとつながった。それは大会であげた総得点のうちの、PKやスローイングも含めておよそ4割がセットプレーによるものだったことからも示されている。

しかし初戦のメキシコ戦でドイツ代表は、またしてもセットプレーからゴールネットを揺らすには至っていない。コーナーキックは8回、フリーキックからのセンタリングも含め無害であり。危険だった場面は、トニ・クロースがバーにあてた直接フリーキックわずか1回のみだ。「コーナーキックとフリーキックは、確実に我々にとって1つのテーマだ。それは南チロルの合宿でも行われているし、それはメキシコ代表戦でも活かされていたと思っている」とレーヴ監督は強調。しかし「メキシコ代表は自分たちが思っていたものとは違う戦いをみせてきた。これまでとは異なる守備をみせていたんだ、それはセットプレーにもみられていた」とフメルスは指摘する。「だから結果としてでなかったのさ」

だがそもそもドイツ代表がワールドカップ以降あげた総得点のうち、セットープレーでの得点はわずか17%のみ。加えて最後にセットプレーから得点を決めたのは、昨年10月8日のアゼルバイジャン戦にまで遡ることとなり、これまでの45度にわたるコーナーキックやフリーキックにおいて、ドイツはゴールネットを揺らせない日々が続いているのだ。

そして週末に迎えるスウェーデン代表は、空中戦に長けた、フィジカルでの強さをもつ守備のスペシャリストである。フメルスは、セットプレーが「とても重要だ」との見方をしめしつつ、特に平均身長という点で、スウェーデン代表が上回ることにはなるのだが、「でもうまく体を入れることも可能だよ」と意気込みをみせた。あとはそれを言葉だけでなく、実践にうつさなくてはならない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報