ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月25日

ドイツ代表、フェアプレーの差でGL敗退の可能性も

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜夕方から2試合同時で行われる、W杯グループFグループリーグ第3戦。現時点ではドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国の全てに突破の可能性が残されており、様々な突破のシナリオが考えられるところだ。そのなかでも注目の1つが、ドイツが韓国に、スウェーデンがメキシコに0−1でそれぞれ敗戦した場合である。そうなるとメキシコを除く3カ国全てが勝ち点3、得失点差0で並ぶことになり、ただ総得点の差により韓国がこの時点で脱落。

一方でドイツとスウェーデンについては、得点数でも並ぶことになり、その場合は直接対決の結果(この場合はドイツがスウェーデンから勝利)で決まるのではなく、警告や退場処分を受けた回数による”フェアプレー”が判断基準となってくるのだ。そして現時点では、スウェーデンが警告3枚を受けているのに対して、ドイツは警告2枚、さらにボアテングが退場処分を終了間際に受けており不利な状況に。仮にこれでも並んだ場合は、抽選の末にグループリーグ突破のチームが確定することになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報