ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月25日

スウェーデン戦では左サイドで貢献のヴェルナー「僕はあくまでFWだ」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツ代表の合宿地ヴァトゥチンキのプレスカンファレンスに出席した、ティモ・ヴェルナー。まだその様子からは少し不慣れな印象もみてとれ、それはトニ・クロースが決めた劇的な逆転弾の前について振り返った言葉からも感じられた。「正直、僕はもう信じる気持ちを失っていたよ。それは認められる。」

そしてその後、試合がまだ終了していないにも関わらず、ヴェルナーの目には涙が溢れ出てきたことも明かした。「もう嬉しさが堪えきれなくなっていた。だから得点のあとでみんなのところにいかずにその場で倒れていた。そしたら主審があとまだ1分あると言っていたから」

なおその試合ではヴェルナーは試合途中から、本職のセンターフォワードではなく、ポジションを左サイドにうつしそのポリバレントさからもチームに貢献。後半であげた2得点それぞれに絡む活躍をみせた。「ティモはウィングで本当にスピードをもたらしてくれていたと思う。まさに僕たちにとっての武器さ。彼の力はスウェーデン戦でみてとれたことだろう」と、マルコ・ロイスは賞賛。

しかしポジションに関する議論については、ヴェルナーは乗る考えはなく「僕はあくまでフォワードだよ」と強調。もちろんそれは頑固な姿勢を貫き通すという意味ではなく、むしろトップの位置でも結果を残さなくてはならないという決意の現れである。「深く構えたチームを相手にした時、僕がサイドからチームにスピードや流れをもたらせるということは、1つのメリットさ。でもそこまで構えてこないときには、中央に入ってスペースを突き、深い位置に侵入することができる。僕の得意なポジションはトップの位置だよ」

そう語ったヴェルナーは、まだ無得点が続いている状況が議論として発展しないよう、「もちろんFWとして、得点を決めるということは自分の仕事だ。」とも強調。しかしそれと同時に、「チームが勝利をおさめられれば、別に誰が決めようが構わないことだけれどもね」とも付け加えた。「今回は僕にとって、最初のW杯。2度に渡って、この舞台で駆け回る経験ができたことは、比較することのできない素晴らしいものだよ。この感覚を、ここであと5試合経験したいものだね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報