ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月17日

サミ・ケディラもドイツ代表続行を宣言

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏には既にメスト・エジル、そしてマリオ・ゴメスがドイツ代表からの引退を発表しているが、先日のレアル・マドリード所属トニ・クロースに続き、ユベントス所属サミ・ケディラも、ドイツ代表としてプレーし続ける考えを自身のインスタグラムにて発表した。

  「この国、このサッカー連盟、そしてこのチームの一員としてプレーし続けられることは大変な名誉だ」とその理由について説明した31才のボランチは、「自分よりももっと良いオプションがあるという判断であれば、もちろんそれには理解を示す」とした上で、「自分が監督からチームの助けになると判断されえ招集を受けることになれば、それは僕にとってこれまでと変わらずに名誉なことであり責務であると思っている」と述べている。

 2009年9月5日に行われた南アフリカ戦にて、後半73分にロルフェスとの交代でドイツ代表デビューを果たしたケディラは、これまで代表通算76試合に出場。2014年に行われたブラジルワールドカップでは主力として優勝に貢献する活躍を披露した。 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報