ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月30日

レーヴ代表監督「エジルとは今も連絡が取れない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 メスト・エジルの代表引退については、同選手の代理人を通じて知ったこと、そしてこれまで幾度となく連絡を試みながらも、いまだ実現していないことを、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が明かした。

 「彼の代理人から連絡があり、そこでメストが代表引退について3つの理由を明らかにしていると聞いたよ」と、水曜日にミュンヘンにて同氏はコメント。

 「選手本人からは、私には特に連絡を受けてはいない」とも言葉を続け、代表引退に際して「これまでは、通常それは行われていたことなんだが」と述べている。

 「メストは道を分かつことを決断した。ただ今日まで連絡は取れていない。幾度となく電話で、私からは彼への連絡を試みているのだが、しかしまだうまくはいっていないよ」

 また大会前に起こっていたトルコ大統領との写真撮影や、その後の出来事については過小評価していたことを認めた上で、「確かに心身ともにすり減らされるところはあったのだが、しかしそれを言い訳にはできない。早期敗退の理由にあげるような」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報