ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月20日

ドイツ代表レーヴ監督「サネは長期的に重要な役割を担う」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年最初の代表戦を迎えるドイツ代表。ロシアW杯時の主力組から、大きく様変わりして迎える新生ドイツの船出ともいえるが、しかしヨアヒム・レーヴ代表監督は改めて、ポゼッションサッカーに対する自身のもつサッカー哲学に関しては変化がないことを強調している。

 「ポゼッションサッカーがすでに死んだものだと言う人がいるならば、それは誤った考えだといえるだろう」と考える指揮官は、打開策として「我々としては引き続き仕掛けていきたいと思っている。ただよりスピーディにアクションしていきながらね」と言葉を続けた。スピード、ダイナミズム、そして断固たる決意をもって今回のユーロ予選に臨むということ。「どうにかごまかしながらの戦いというのは望んでいない」

 そのスタイルにまさに合致している選手としてあげられるのが、その「新時代」を担う存在の一人として期待されるマンチェスター・シティに所属するリロイ・サネだろう。レーヴ監督も「長期的に重要な役割を担う」可能性を認めており、「昨年にマンCで良いシーズンを過ごしていたが、より重要なのはネイションズリーグでさらに大きな進展をみせたことだ」と評価。「非常に危険な存在」であり、「とても良い成長をみせている」と述べた。


 一方のサネは「代表に参加できることをとても嬉しく思っているよ。今は本当にとても良いチャレンジだと思う」と語り、「僕はこういったチャレンジが好きなんだ」とコメント。「どの試合でも自分のパフォーマンスを発揮していきたい」と意気込みをみせた。「代表では、試合を追うごとによくなってきているよ。ただ改善点はあるけどもね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報