ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月21日

攻守両面で「詰めの甘さ」みせた、ドイツ代表

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに後半からはパフォーマンスに向上がみられ、最終的には同点に追いつくことができたとはいえ、しかしながら水曜日に行われた今年最初の代表戦において新生ドイツは多くの課題を露呈。特に前半終了後には、ファンたちからのブーイングもあがっていた。

 マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、「期待されているのだから」とこのことに対して理解を示し、「いくつか良い場面も見られたが、そうでもないところもみられた」ともコメント。「ただ後半から反撃をみせてくれたし、物事は決して一朝一夕ではなし得ないこともわかっている」とも付け加えている。

 ただそれでもこれまでと同様に、元点取り屋として「多くのチャンスを逃した」ことを残念に思うと同時に、「守備の面でも詰めの甘さをみせてしまった」ことも問題点として指摘。さらにヨアヒム・レーヴ代表監督は、先制点へと繋がってしまったセットプレーでの守備もあげ、「攻守ともに詰めの甘さは、我々にとっての大きな課題だよ」との考えを強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報