ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月09日

ドイツサッカー連盟、ユーロ出場確定時の報奨金額を設定

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟はユーロ2020予選に際し、ドイツ代表への報奨金額を設定した。これはドイツ代表主将マヌエル・ノイアーとの間で合意に達したものであり、今回は全体的に見てこれまでよりも少ない金額となっている。

 ドイツサッカー連盟が発表したところによれば、報奨金が支払われるのは本戦出場が確定した場合に限られており、もしもそれをグループ首位で突破した場合には、ドイツ代表チーム全体は300万ユーロを。2位で通過した場合には200万ユーロが支払われることになるという。

 ドイツサッカー連盟のフリードリヒ・クルティウス書記長は「報奨金に関わらず、ドイツ代表の選手たちは一致団結して、全力で早期の本戦出場確定を目指していくと誓っている。」と強調。マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は「むしろパフォーマンス自体に集中できているのは、このチームの強みでもあるよ」と言葉を続け、「今はこのチームは成長過程にあり、そのなかでピッチの内外にわたり最高のサポートをうけられるよ」と語った。

2016年時は、選手それぞれに20万ユーロが支給

 なお前回大会のユーロ2016では、ドイツサッカー連盟は本戦出場確定で一人当たり2万ユーロを支給。これは2014年W杯と同じ金額だ。

 ちなみにドイツ代表はユーロ予選において、ポット1に入っていた宿敵オランダ代表を敵地で撃破。幸先良いスタートを切っており、グループにそのほかエストニア、ベラルーシ、そして北アイルランドが属している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報