ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月07日

「ファンのための練習を行った」ドイツ代表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから迎えるユーロ2020予選、ベラルーシ代表戦とエストニア代表戦にむけ、オランダのフェンローにて合宿を行なっているドイツ代表だが、水曜日には近郊にあたるドイツのアーヘンにて公開式の練習を行い、そこでは練習試合と共に、ファンとの積極的な交流もはかられた

 なお40分間にわたって行われたそのテストマッチでは、数的優位の側とそうではない側とのチーム編成で試合が行われており、そのなかで数的優位の側にいたマルコ・ロイスが2得点、逆に数的不利にあったリロイ・サネが1点を返す形で2−1という結果に終わっている。

 これまでファンとの距離について批判もなされてきたドイツ代表では、さらにこの日は何人かの子供達に対して、ドイツ代表GKケヴィン・トラップとのPK対決の場などが設けられており、試合後にはサインや写真撮影の機会も。ニコ・シュルツは「こういった雰囲気での練習ははじめてだね。ちょっと特別な感じがした」と述べ、監督代行を務めるゾルクACは「面白いことを見せたかった。今回の練習は、ファンのための練習だよ」との考えを示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報