ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月14日

ドイツ代表ケプケGKコーチ、期待の若手ニューベルを高く評価

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 南ドイツ新聞に対して、ドイツ代表アンディ・ケプケGKコーチは、シャルケの若き守護神アレクサンダー・ニューベルについて「急浮上してきた感のある選手だが、本当にとてもいいものを見せているね。0から一気に100という感じだよ。それでも彼は、随分と長い間プレーしてきたような印象を与えている。決して落ち着きを失うことがないんだ」と評価。

 今年の1月より当時の主将ラルフ・フェアマンから先発GKの座を奪い、そしてこれまでブンデスリーガ通算27試合に出場してきた23才について、「視野に入れている」ところであり、レーヴ監督も「ここまで非常に良い印象を与えている、非常に若いGKだ」と述べているという。

 ただそれでもA代表入りについては、「今のところは、特にその必要に迫られている訳では無い」とも強調。ここのところ話題となっているマヌエル・ノイアーとマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンに加え、ベルント・レノ、ケヴィン・トラップなど、ドイツ代表のGK争いでは選手層の厚さが見受けられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報