ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月19日

ドイツ代表:エムレ・ジャンが苦言「最近の若者は・・・」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ、プレミアリーグ、そしてセリエAでプレーするなど、これまでに数多くの経験を積み重ねてきた、エムレ・ジャン。決してその道のりは容易なものではなかった。そんな彼の目から見て、現在の若手選手たちはその才能を、存分には発揮しきれていないという。その背景にはお金の存在があるようだ。

 最近のユース世代に関しては、これまでにも幾度となく、金銭面に関する批判の声は挙がっていた。「今の若手選手は、あまりに早く大金を手にしてしまっているように思う。そしてもしそうなってしまうと、そこで満足感を覚えてしまう恐れがあるんだ」と、同選手は指摘。「そうなったら、それから何をアピールしていくというんだい?なぜピッチ上で戦いに臨まなくてはならなくなるだろう?」と言葉を続けている。若手時代ではジャン自身、バイエルン・ミュンヘンに所属し、そしてそこでガーランドACとの空中戦の練習や、壁を相手にしてのパス練習に明け暮れる日々を過ごしていた。

 しかしそういった姿勢というものが、若手選手たちから見受けられないことが多いという。「今の大きな才能をもった若手選手が取り組む姿を思うと、残念に思うし理解に苦しむところもある」と述べ、「トップチームと、せっかくの人生をかけたチャンスとして練習を行えても、彼らから見て取れる姿には苛立ちをも覚えることさえある。あの状況に相応しくないということを、彼ら自身どこまで理解しているのかと思うね」と、疑問を投げかけている。

 そしてジャンは、そういった若手選手たちとの話し合いを試みてはいるものの「でも理解しない選手もいる」と吐露、今の十代の選手たちに対する批判を展開した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報