ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月30日

バルサのテル=シュテーゲン、膝に問題を抱えて離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マーク=アンドレ・テル=シュテーゲンが、年明け後にしばらくの間、所属するFCバルセロナにて戦列から離脱することが明らかとなった。同選手は膝に問題を抱えているという。

 これはクラブ側から月曜日に、正式に発表がなされたもので、「右膝の腱に問題を抱えている」ため治療を受けている状況とのこと。離脱期間については特に明らかにはしていない。

 なおドイツ代表ではノイアーと先発の座を争うテル=シュテーゲンだが、プライベートでは最近に第一子が誕生。しかしながら土曜日に行われるリーグ戦エスパニョール・バルセロナ戦では欠場の危機に瀕することとなった。

 ちなみにその5日後にサウジアラビアにて、スペイン・スーパーカップ準決勝アトレチコ・マドリー戦が控えている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報