ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月04日

バルサのテル=シュテーゲン、手術を受ける可能性も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 引き続き離脱の状況が続いている、FCバルセロナ所属のGKマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンだが、どうやらドイツ代表GKには手術を受ける可能性もあるようだ。バルベルデ監督はあくまで、手術を回避し保存療法での回復を願っており、土曜日に行われるスーパーカップまではいずれにせよ欠場となるが、その後の復帰の可能性はまだ残されているところだ。

 ただ手術を受ける可能性について問われた指揮官は「わからないよ。私は医者ではないのだ」と返答。「まだその事について話し合ってはいない」と言葉を続けた。右膝の腱に問題を抱えている」ため治療を受けている状況であることが正式に発表がなされており、離脱期間については特に明らかにされてはいない。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報