ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月19日

アントニオ・リュディガー「ドイツはユーロの優勝候補ではない」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アントニオ・リュディガーはむしろ、今夏に開催予定となっていたユーロが、コロナ危機の影響により来年へと延期されたことが、ドイツ代表にとってはアドバンテージになると捉えている。しかしそれでも、ドイツ代表が優勝候補の一角を担うとまでは、考えてはいない。

 「僕たちには、確かにたくさんの良い若手選手が揃っているよ」ドイツサッカー連盟電子版でのインタビューにて、そう話し始めたリュディガーは、「正直なところ、僕たちを優勝候補の一角にはかぞえられないと思う。その点では、ほかのチームの方が少し、僕たちよりも先を行っていると思うね」とコメント。

 しかしながらコロナ危機の影響により、ユーロが来年へと延期されたことについては、「特に僕たちにとっては悪い話ではないかもしれない」とも述べており、その理由は明確で「ニクラス・ズーレが戻ってくるし、あとリロイ・サネもそうだね。これからユーロ開催までどうなっていくか、見ていこう」と、言葉を続けている。

 リュディガー自身もまた今シーズンは負傷に悩まされており、「まだ僕は以前のような強さを取り戻しているわけではない。そうしたいと思うし、そうしなくてはいけないけどね」と強調。一方で所属するチェルシーでは、日曜日にFA杯準決勝マンU戦。そしてリーグ戦ではCL出場をかけて残り2試合に臨むところだが、「順調にこれているけど、タフな2試合が控えている。でも(CL出場は)自分たち次第というのは良いことさ」と、意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報