ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月25日

FIFA、コロナ危機を受けクラブの派遣義務を修正

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コロナ危機を受けFIFAでは、代表選手派遣に対するクラブ側への規制を、軟化させる判断を下した。ただこれはあくまで、9月に行われる国際試合のみに適用されることになる。

 これはFIFAが欧州内における、渡航や入国規制に対応したものであり、これにより各クラブは一定の条件の中であれば、選手派遣の義務を免れることが可能となった。

 例えば代表クラブ参加時、もしくは所属クラブ復帰時から、少なくとも5日間は隔離が義務付けられる場合。また渡航の制限による移動の複雑化などが生じた場合でも、クラブ側は選手の派遣を拒否することができるとのこと。

 なおこのFIFAによる一時的な変更は、男子サッカーでは8月31日から9月8日まで、女子は9月14日から22日までの国際マッチ期間に適用。この期間でドイツ代表では、まず9月3日にスペイン代表とネイションズリーグ初戦がホームで、続く第2戦はその3日後にスイス代表とのアウェイ戦が行われる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報