ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月24日

ドイツ代表レーヴ監督、UEFAの観客動員の判断に疑問

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われるUEFAスーパーカップのバイエルンvsセビージャ戦、そして10月に行われるウクライナでの代表戦を前に、ドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督は「誤ったシグナル」に対する警告を発した。そん背景には特に、ハンガリーの首都ではコロナの感染者数が、最近急増していることがある。

 同氏は数千人の観客を動員し、そのブダペストにてスーパーカップを開催することを決断した、UEFA側への判断に「私は基本的に、これほどまでに多くの観客が、危険地域へと入っていけるようになったということは、誤ったシグナルを送ることに繋がると思うね」と”RTL/ntv”に対し疑問を投げかけた。

 その一方でドイツ代表も10月10日には、同じく危険地域に指定されているウクライナにて、ネイションズリーグが控えているところであり、「嫌な予感を抱きつつ、臨むことになるのは、致し方のないこと。」と述べ、「また皆が無事に、戻ってこれるように願っているところだよ」と言葉を続けている。

 ちなみにドイツ代表はウクライナ戦の前に、ケルンにてトルコ代表とテストマッチ。帰国後は今度は13日に、スイス代表とのネイションズリーグが控えているところ。2試合続けてドロー発進となっただけに、「我々の目標は、この2試合で勝ち点6を獲得することだ」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報