ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月02日

FIFA、代表派遣の規約を一時的に変更

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来る国際試合の選手派遣を巡り、FIFAはコロナ危機の間、「全ての代表チーム、クラブ、選手たちへ、より大きな柔軟性と安全性」をもった対応を可能とするため、規約へ「一時的」な変更を行うことを明らかにした。

 それによって当該クラブは当該協会が「少なくとも5日間の隔離」が必要とされる、または「渡航制限」がある国や会場で試合を行う場合では、代表選手を派遣する必要はないとしている。

 しかしながら上記のケースであったとしても、例えば開催地が当該代表チームに対して特例を発令したするといった場合、クラブ側は代表選手の派遣を継続しなくてはならない。今回の変更は年末まで適用される。

 そしてFIFAでは全ての加盟団体、クラブ、選手に対して、「連帯意識の下で協力し合い、情報を交換し、この一時的な修正の枠組みで影響を受ける全ての関係者にとって、利益となる妥協点を見出す」ように促した。

 直近では、コロナ危機における選手派遣義務について、ブンデスリーガのクラブから不満の声が上がっており、FCアウグスブルクのシュテファン・ロイター競技部門取締役は「危険地域に選手を派遣するのは馬鹿げているだろう。予定を変更するか、隔離せずにすむよう働きかけるのが、FIFAの仕事ではないかね」と、kickerに対して苦言を呈している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報