ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月03日

バウム監督の後任に、ヴォルフ監督がドイツユース代表へ

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日ベルギー1部ヘンクの指揮官を解任されたばかりの、マリウス・ヴォルフ監督がこれから、FCシャルケ04の監督へと就任したマヌエル・バウム監督の後任として、ドイツU18代表へと就任することが発表された。「ドイツサッカー連盟での新たなタスクと、2003年生まれ世代との取り組みを楽しみにしている」と、ヴォルフ監督はコメント。

 ドルトムントのユース監督を務め、その後はシュトゥットガルトやハンブルガーSVでも指揮をとった経験をもつ39才は、「我々の目的は、日々のトレーニングが行われているクラブと連携し、選手たちを育成していくことにある。」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報