ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月10日

ドイツ代表、ひとまず8選手で再始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日から再び始動したドイツ代表。しかしながらフィールドプレイヤー7選手(ヨナタン・ター、アントニオ・リュディガー、ニコ・シュルツ、ユリアン・ブラント、マフムード・ダフード、ロビン・コッホ、フェリックス・ウドゥオカイ)に加え、ゴールキーパー1選手(ケヴィン・トラップ)のみという状態でのスタートとなった。

 なおロビン・ゴセンスとベンヤミン・ヘンリクスについては、それぞれに負傷を考慮して参加を見合わせており、そのほかの選手たちも宿泊先にてひとまずは体力の回復へと務めている。

 ドイツ代表は水曜日にライプツィヒにて、まずはチェコ代表とのテストマッチを行い、土曜日には今度はネイションズリーグにてウクライナ代表と対戦。ちなみに前回は敵地で2−1と勝利をおさめた。

 それから来週火曜日には同じくネイションズリーグにて、今度はスペイン代表とのアウェイ戦に。厳格な対コロナ規制の管理下の下、スペインのセビージャへと向かうことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報