ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月20日

リュディガー、今冬にも移籍?「結果をみるだけ」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンはここまでプレミアリーグわずか1試合の出場。「決して、FCチェルシーでの現状に、僕は満足することなどできない」と、土曜夜に放送されたTV番組内にて語ったアントニオ・リュディガーは、これが来夏に延期されたユーロへの参加をも脅かすものであることもわかっていると強調した。

 実際にこの夏にも移籍の話題はヒートアップをみせていたのだが、トーマス・トゥヘル監督率いるパリ・サンジェルマン、さらにはASローマへの復帰の可能性も取り沙汰されていたものの「様々な理由により、結果として実を結ばなかった」と説明している。

 当然のことながら、現在チーム内で置かれた厳しい現状を受け、リュディガーが今後について思いを巡らせることは必然的なことであり、「噂はいろいろ出てくることにはなるだろうね。ただ実際にどうなるかは、結果をみてみるしかない」とコメント。

 一方でチェルシーでの定位置争いについては、「戦いは受け入れている。ただこのような状況へと陥ったことが、自分のキャリアの中で1度もなかったことなんだ。これは自分にとっての新境地。でも話したように、僕はちゃんとこの戦いを受け入れている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報