ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月09日

ドイツのファン連盟、カタールW杯参加拒否を要求

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツのファンクラブ連盟「ProFans」は、ドイツサッカー連盟に対して、カタールにて行われる2022年ワールドカップを、ボイコットするように訴えた。

 なお同国では2010年に大会に向けて着工して以来、これまで工事中に6500人が命を落としたと英国メディアが報じており、ProFansは「もはや、この尊い命は戻ってこない」としながらも、ドイツサッカー連盟としてこの非人道的な労働条件への答えを示す必要があると訴えており、「何千人もの移民労働者たちの墓標の上にたち、サッカーの祭典に熱狂するなど、もはや倫理と尊厳の終焉だと言える」と言葉を続けた。

 「ドイツサッカー連盟が少しでもまた良心を失っていないのであれば、この大会への参加を即刻中止すべきだ、今すぐに!スポーツは政治、世界観、宗教にかかわらず国をつなぐもの。この繋がりを維持し、そして絶えず新しくしていくことがたいせつなのだ。ただ今回は政治や文化ではなく、人道的な問題であり、生きる権利の問題である。きっとドイツが行動に出れば、他の国も追随することだろう」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報