ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月19日

ドイツ代表、18才ムシアラと17才ヴィルツが初召集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督は、今月末に控えるワールドカップ予選3試合に向けた、代表メンバーを発表した。そこには18才のジャマル・ムシアラ、そして17才のフロリアン・ヴィルツが初選出されている。すでにレーヴ監督は両選手の召集の意思を示しており、特にムシアラについては世代別代表では、イングランドU21代表にてプレーしていたもののドイツ代表を選択。またヴィルツについては、先日のU21欧州選手権グループリーグのメンバーに名前がなかったことから、今回の召集が期待されていた。

 また召集が不安視されていたプレミアリーグ勢、イルカイ・ギュンドアンとティモ・ヴェルナー、アントニオ・リュディガー、カイ・ハヴェルツに関しては、地元当局からの厳しい規制の下で許可が出されており、来週月曜日にデュッセルドルフにてミーティング。「7日以内に3試合を戦うため、今回も非常にタイトなスケジュールだ」と語ったレーヴ監督は、「ユーロイヤーを最高の形でスタートさせ、再びファンを熱狂させたいと思う」と意気込みをみせた。「今回、プレミアリーグ勢も加えることができたのは、喜ばしい限りだよ」

GK:ベルント・レノ(アーセナル)、マヌエル・ノイアー(バイエルン)、マーク=アンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)、ケヴィン・トラップ(フランクフルト)
DF:エムレ・ジャン(ドルトムント)、マティアス・ギンター(グラードバッハ)、ロビン・ゴセンス(アタランタ)、マルセル・ハルステンベルク、ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)、フィリップ・マックス(PSV)、アントニオ・リュディガー(チェルシー)、ニクラス・ズーレ(バイエルン)、ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)
MF/FW:セルゲ・ニャブリ、レオン・ゴレツカ、ジョシュア・キミヒ、ジャマル・ムシアラ、リロイ・サネ(バイエルン)、カイ・ハヴェルツ、ティモ・ヴェルナー(チェルシー)、ヨナス・ホフマン、フロリアン・ノイハウス(グラードバッハ)、イルカイ・ギュンドアン(マンチェスターC)、トニ・クロース(レアル)、フロリアン・ヴィルツ(レヴァークーゼン)、アミン・ユネス(フランクフルト)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報