ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月06日

ドイツ代表、CL決勝進出の4選手が、ユーロの準備合宿に出遅れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の舞台には、ドイツ代表選手四人が立つことになるため、いずれの選手についても今夏に延期されたユーロに向けた合宿には、遅れて合流することになる。

 確かにヨアヒム・レーヴ代表監督は、チェルシーのティモ・ヴェルナー、カイ・ハヴェルツ、アントニオ・リュディガー、そしてマンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンらが、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たしたことに喜びをみせている。

 しかしながらドイツ代表は5月25日より、オーストリアのゼーフェルトにてトレーニングキャンプを行う予定であり、5月29日にトルコの首都イスタンブールにて開催される決勝戦からは、最低でも2日間のオフを経て6月からの合流ということになるだろう。

 特にレーヴ監督は、ユーロでの成功に向けて「14日間継続して、一緒に過ごすことが重要なことだ。それが自分たちにとってプラスに働くものだよ」とコメント。ただその一方で2018年ロシアW杯では、同様の理由で準備期間の大半で不在となったトニ・クロースについては、敗退により今回は最初から参加することが可能となる。

 なおドイツ代表はユーロに先駆けて2試合のテストマッチが用意されており、その初戦となるデンマーク代表戦は6月2日にインスブルックにて開催。合宿は6月6日に打ち上げ、その翌日となる6月7日にデュッセルドルフで、ラトビア代表と最後のテストマッチへと臨む。ユーロ初戦は6月15日で、相手はそのロシアW杯王者フランス代表。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報