ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月26日

ドイツ代表、7選手の合流時期が不透明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表は今週金曜日より、オーストリアのゼーフェルトに終結して、今夏のユーロに向けた合宿をスタートさせることになるのだが、しかしながら26選手のうち7選手については、まだ合流時期は未定となったまま。グリットナー広報担当は「この複雑な状況は我々も意識している」と、ドイツ通信社に対してコメント。

 プレミア勢のベルント・レノ、イルカイ・ギュンドアン、アントニオ・リュディガー、カイ・ハヴェルツ、ティモ・ヴェルナー、そしてロビン・コッホについて、英国のウィルス感染地域からの入国者としての厳格な検疫規則の影響を受けることになり、それはオーストリアのみならずドイツでも同様。またコロナ感染が伝えられたトニ・クロース(レアル・マドリード)は、引き続き隔離されたままだ。
 
 なお上記の選手のうちギュンドアン、リュディガー、ハヴェルツ、ヴェルナーは、土曜日に開催されるチャンピオンズリーグ決勝に参加。本来は最初のテストマッチであるデンマーク代表戦の後から合流予定となっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報