ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月31日

ドイツ代表、プレミア勢4選手が6月3日より合流可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ひとまずヨアヒム・レーヴ代表監督も、ほっと胸を撫で下ろしたことだろう。土曜夜に行われたチャンピオンズリーグ決勝に出場していたドイツ代表選手4人が、それぞれ6月3日に南チロルの合宿地へと到着することになったのだ。

 カイ・ハヴェルツ、ティモ・ヴェルナー、アントニオ・リュディガーら、CL優勝を果たした一行は、共にポルトからロンドンへと戻ってはいるものの、24時間以上の滞在ではないためにトランジットとカウントされると、ドイツサッカー連盟のイェンス・グリットナー広報担当は説明。

 これにより5月27日に出国してから合計10日間、新型コロナウィルスが蔓延している英国を離れていることになり、6月6日にドイツ代表一行と共に隔離なしでドイツに戻ってくることが可能に。これはCL決勝で敗れた、マンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンについても同様だ。

 なお6月7日にはデュッセルドルフにてラトビア代表との腕試しが控えており、その翌日にはドイツ代表はユーロに向けて、ヘルツォーゲンアウラッハの宿泊地へと移動することになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報