ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月04日

ドイツvsラトビア戦では、1000人の観客動員が可能に

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユーロに向けた最後のテストマッチ、、ドイツ代表vsラトビア戦が再々される、デュッセルドルフのメルクール・シュピール=アレナでは、現在のコロナ保護条例と、発生率が50以下を記録していることから、1000人の観客が入場可能となった。

 なおドイツサッカー連盟の公式サイトでは、予防接種センターのスタッフなど、関連の人々へチケットを提供することを明らかにしており、さらに地元スタジアムのケータリング業者の協力によって、無料のケアパッケージが提供されるとのこと。

 マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、「最初のステップとしては、残念ながら1000人のみということにはなるのだが、ただようやく再びファンの前でプレーできる事ととても楽しみにしている。この困難な危機的状況の中で、社会を支えてくださった方々への感謝の気持ちを示したい」と語った。

ミュンヘンからゴーサイン


 バイエルン州は金曜朝に行われた話し合いの結果、まもなくミュンヘンにて開催されるユーロ全4試合に向けて、アリアンツ・アレナ観客最大動員数の「最大2割(ゼーダー知事)にあたる、約1万4000人の動員に対する許可を出した。ドイツ代表はフランス(6/15)、ポルトガル(6/19)そしてハンガリー(6/23)と対戦。さらに7月2日に準々決勝がミュンヘンで開催される。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報