ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月08日

ドイツ、東京五輪OA枠候補にシュティンドルやクルーゼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に延期された東京五輪の代表メンバーについて、ドイツ代表シュテファン・クンツ監督は今月29日までに結論を出すことになるのだが、kickerが得た方法によれば3人のオーバーエイジ枠の候補として、グラードバッハのラース・シュティンドル、ウニオン・ベルリンのマックス・クルーゼが浮上。さらにヴォルフスブルクのマキシミリアン・アーノルド、レヴァークーゼンのヨナタン・ターが、現在50人にまで絞られたメンバーに入っている。

 またクンツ監督がよく知るナディーム・アミリ(レヴァークーゼン)、ルカ・ヴァルトシュミット(ベンフィカ)、マフムード・ダフード(ドルトムント)らも検討していくことは当然だろう。理想的なシナリオとしては、ドイツ代表としては軸の部分に経験豊富な選手を配置することだろうが、その一方でジェローム・ボアテングやクリストフ・クラマーは含まれていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報