ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月25日

イングランドvsドイツ戦で、ドイツ側のファンがほぼ不在となる理由

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来週の火曜日にウェンブレイに行われるユーロ2020、16強イングランドvsドイツ戦においておそらくは、ドイツのサポーターを目にすることはほぼないだろう。

 それはイングランドへの入国時には隔離が義務付けられているためであり、4万5千人が動員される中でドイツから参加する者はいないだろう。在英ドイツ大使館では、「隔離期間内に開催される試合チケットを持つファンは入国が許可されない」と発表している。

 そして英国における規則として、入国する者は入国2日目と5日目にPCR検査を受け、そのいずれも陰性が確認された場合にのみ、隔離を早期に終了することができるとしており、火曜日に行われる試合を観戦するには本日木曜までに入国を済ませてしまわないといけないということだ。

 そのため英国メディアによると、両国サッカー協会にはそれぞれ1万枚のチケットが配布されるものの、ドイツ側は2000枚のみを確保し、残り8000枚を在英ドイツ人へと販売すると予想される。ちなみに英国には30万人のドイツ人が住み、そのうちロンドンには5万人が住んでいるところだ。

 なおドイツではインド変異種が猛威を振るう英国へ「必要性のないすべての観光」をしないよう警告しており、帰国の際には2週間の隔離と検査が義務付けられている。そういった背景から、おそらくはドイツ側の応援席でファンの姿を目にすることは、あまり期待することはできないだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報