ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月05日

ドイツ代表メンバー発表:ヌメチャ初招集、ギュンドアンら5選手復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表ハンジ・フリック監督は、今年最後の国際マッチに向けた代表メンバーを発表。すでにワールドカップ出場権を獲得している中で臨む、今回のワールドカップ予選2試合、ヴォルフスブルクでのリヒテンシュタイン戦や、アルメニア代表戦に向けては、指揮官は合計27選手を招集。そのうち初招集はルーカス・ヌメチャ1人、そして復帰組はユリアン・ドラクスラー、ユリアン・ブラント、クリスチャン・ギュンター、イルカイ・ギュンドアン、そしてケヴィン・トラップの5人という布陣となった。

 フリック監督はおよそ1年ぶりの復帰となったブラントとドラクスラーについて、「2人も良いクオリティをもっており、プレー的にみてもチームを後押ししてくれるものと期待している」と説明。「練習でのアピールに期待している」と述べ、「ブラントはドルトムントで良い道を歩んでいた」と言葉を続けた。「間近で選手たちを直接各員して、パフォーマンスについてしっかりと把握していきたいと思う」

 【GK】マヌエル・ノイアー(バイエルン)、ベルント・レノ(アーセナル
)、マーク=アンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)、ケヴィン・トラップ(フランクフルト)

【DF】マティアス・ギンター(グラードバッハ)、クリスチャン・ギュンター(フライブルク)、ヨナス・ホフマン(グラードバッハ)、ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン)、ダヴィド・ラウム(ホッフェンハイム)、アントニオ・リュディガー(チェルシー)、ニコ・シュロッターベック(フライブルク)、ニクラス・ズーレ(バイエルン)

【MF/FW】カリム・アデイェミ(ザルツブルク)、ユリアン・ブラント(ドルトムント)、ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)、セルゲ・ニャブリ(バイエルン)、レオン・ゴレツカ(バイエルン)、イルカイ・ギュンドアン(マンチェスターC)、カイ・ハヴェルツ(チェルシー)、ジョシュア・キミヒ(バイエルン)、ルーカス・ヌメチャ(ヴォルフスブルク)、トーマス・ミュラー(バイエルン)、ジャマル・ムシアラ(バイエルン)、フロリアン・ノイハウス(グラードバッハ)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、リロイ・サネ(バイエルン)、フロリアン・ヴィルツ(レヴァークーゼン)
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報