ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月01日

復帰間近だったロビン・ゴセンス、負傷悪化で年内全休か

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 復帰を目前にしていたロビン・ゴセンスが、再び離脱に入ることが明らかとなった。9月おわりに行われたCLヤングボーイズ戦にて、大腿の腱を断裂し離脱中のドイツ代表DF。本来であれば本日開催のホーム戦、FCベニス戦にて復帰を飾る見通しだったものの、スカイ・スポーツ・イタリアによれば、再離脱に入ったとのこと。

 27歳の左サイドバックは練習中に悪化させてしまい、おそらくこのまま年内は全休となるようだ。アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督のもとで長年にわたり不動のレギュラーとして活躍してきた同選手は、怪我をするまでは、リーグ戦で6試合、チャンピオンズリーグで2試合と、所属クラブのすべての試合に出場していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報