ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月28日

元ドイツ代表トニ・クロース「レアルで現役引退したい」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表の一員としてワールドカップ優勝を果たした2014年より、レアル・マドリードにてプレーしている、トニ・クロース。そのままレアルで現役生活に幕を下ろしたい、その考えをスペインのTV局RTVEとのインタビューにて明かした。「それが僕の考えだ。そしてもしもクラブもそう考えてくれているなら、そういうことになるだろう」

 そう語った32歳のセントラル・ミッドフィルダーは、「ここでとても幸せに過ごしている」ことを強調。「家族もね」と言葉を続けており、ただ昨夏のユーロ2020にてドイツ代表にピリオドを打った同選手は、現役生活にピリオドをいつ打ちたいと思うかについては明言を避けた。

 バイエルンとの延長で合意ならなかったクロースは、移籍金3000万ユーロでレアルへと加入し、それ以降はリーガエスパニョーラ優勝2回、チャンピオンズリーグ優勝3回達成。

 なお余談ではあるのだがクロースは、レアル・マドリードがこの夏に、キリアン・エムバペを獲得することに賛成していた。パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWについては、以前からレアルとの繋がりが指摘されており、「彼は絶対的なトッププレーヤーで、それこそが僕たちの求めている選手。レアルが彼を望んでいるのは秘密ではない」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報