ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月02日

ドイツ代表:W杯抽選会後のコメント集

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンジ・フリック(監督:ドイツ代表):「スペイン代表、これは大ごとだよ。また(抽選会でアシスタントを務めた)ローター(・マテウス)と話をしないといけないね。エキサイティングな面白いグループだと思うよ。決して容易なタスクなどではないさ。だが我々には高い目標がある。自分たちをいうものを貫いていくということ。ワールドカップに簡単なグループなど存在しないものだしね。全てのグループが魅力的であり、みなさんもそうお考えだと思う。我々はハッピーで、大会開始からその場で集中して臨まなくてはならない。できるだけ上に、可能ならば決勝にまで駒を進めたいところだ。」


マヌエル・ノイアー(主将:ドイツ代表):「ポット1からは強敵が入ってくることは、すでに明らかになっていたことだしね。僕たちにはネガティブな記憶もあるけれど、でもあのような事は2度起こるようなことではないと思うし、良い大会を過ごせると前向きにみている。相手全てと真剣勝負がまっており、気を引き締めて臨まなくてはならない。最近では大会で結果を残せていないし、その雪辱をぜひ果たしたいと思うよ。」

ルイス・エンリケ(監督:スペイン代表):「イージー、イージーだろ?ドイツと同組なんだって?ははは、オーケー。良い感じだね、素晴らしいライバルたちがいる、素晴らしいグループだと思うよ。我々としてはぜひ楽しみたいところだ。ワールドカップでプレーする機会はそう無いものだからね」


オリヴァー・ビアホフ(マネージャー:ドイツ代表):「スペインは決して我々の望んでいた相手ではない。2010年、2012年、ネーションズリーグと、我々は何度も辛酸を嘗めてきたのだ。ただワールドカップでは常に強豪相手を想定しなくてはならないもの。2018年以来、私はどんなグループであれ期待も何もしないし、決して相手を侮るようなことなどしない。ただそれでもこのグループで成功を収めたい、その野心は持っているよ」

ベルント・ノイエンドルフ(ドイツサッカー連盟会長):「我々は非常に魅力的なグループに組み込まれた。もちろん競技面における評価は代表監督にお任せすること。しかしフリック監督と彼のコーチ陣は、ワールドカップに向けて最適な準備をしてくれると確信している。私たちは代表チームによる2つの、非常に良いパフォーマンスを見たばかりであり、ワールドカップへの期待を高めているところだよ。FIFAの会合では人権問題やサステナビリティの問題について多く扱われたし、それはこれからも続くことだろう。我々としては明確な姿勢を示すと共に、賛同くださるカタールの勢力を支援していく必要があるよ」

ハイケ・ウルリッヒ(ドイツサッカー連盟事務局長):「抽選の結果、ワクワクするメンバーが揃いましたね。フリック監督をはじめとするコーチ陣は、これからグループリーグの対戦相手に対して集中的に取り組み、ワールドカップ開幕に向けて最適な準備を整えてくれることでしょう。私たち連盟としては、そのための最良の基盤を提供するように努めてまいります。また、カタールへの渡航を希望する多くのドイツ人ファンに対して、現地大使館やファンクラブなどを通じて、大会期間中に安心してサッカーを楽しめるよう、最善のサポートを行うことも協会としての課題となるものです」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報