ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月12日

リュディガーがレアル入りへ。既にメディカルチェックをクリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既に先月末には契約満了を迎える今季いっぱいで、チェルシーFCからの退団が明らかとなっていたアントニオ・リュディガー。トーマス・トゥヘル監督就任からは1年以上にわたってコンスタントに活躍をみせ、チャンピオンズリーグ優勝も果たしたドイツ代表については、チェルシー側は当然ながら延長を目指していたものの、チェルシーからの最初のオファーへの失意を表明しており、またランパード前監督時代に首脳陣からのサポートを受けられなかった傷も残っていた模様。

 それでもトゥヘル監督については互いに高く評価する関係性であり、チェルシー側も改善したオファーを提示しようとはしていたものの、ロシアのウクライナ侵攻の余波により投資家アブラヒモヴィッチ氏の資産が凍結。新オーナーを見出すまで動きにでられなかった中で、最終的に同選手のサラリーの要求に応えたレアル・マドリード移籍を決断した格好だ。そしてキッカーが得た情報によればメディカルチェックもパスして入団は確定。契約期間は2026年までで1年の延長オプションつき。4億ユーロでの例外条項が付随し、未確認ながら年俸は1000万ユーロの見通し。ただ正式な発表はおそらCL決勝までには行われないだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報