ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月19日

ティモ・ヴェルナー、チェルシーからの移籍の可能性を除外せず

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ティモ・ヴェルナーが、チェルシーFCからの早期退団の可能性を否定しなかった。この夏にチェルシーではラヒーム・スターリングを獲得、攻撃陣の定位置争いが激化するなかで、チェルシーでハッピーに過ごせるだろうか?との記者からの問いに「どこでもハッピーになれるものだと思うよ」と返答。

 「もっとプレーしたいと思うし、今冬に控えるワールドカップに向けて、良いコンディションを保っていくためにも、もっとプレーしていかなくてはならないことは明らかなことだと思うよ」と言葉を続けている。2020年夏にRBライプツィヒからチェルシーへと渡ったドイツ代表FWは、この2年間でプレミア56試合に出場。ただし昨シーズンは21試合の出場で、フル出場はうち7試合のみ。得点数も4にとどまった。

 その一方でここのところはウェストハムへのレンタル移籍がささやかれていたアルマンド・ブロヤについては、トゥヘル監督は「彼がクラブを後にするとは思っていない」と残留を仄めかしており、「うちには多くのオプションはあるが彼のようなタイプはいない」と昨季はサウサンプトンにレンタル移籍した20歳のストライカーについて語った。

 なおそのウェストハムについては、昨シーズンまでマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、一昨シーズンではレンタルでプレーしていたジェシー・リンガートの獲得も模索中。ただしイングランド代表として32試合に出場した経験をもち、現在はフリーとなっている29歳に対してはニューカッスル、ノッティンガムなど複数のプレミアのクラブが獲得に乗り出しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報