ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月28日

デンベレの後釜に27歳のパワフルウィンガー、ヤルモレンコ獲得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日にバルセロナへと向かったウスマン・デンベレ。その後釜候補としてこれまでにも様々な名前が浮上しており、先日はアヤックスのカスパー・ドルベリの名前があがったが、その際にドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「ドルベリは、確実に候補者の一人となるよ。しかしもしも中央のFWを探すのであれば、だがね。」とコメント。

さらに求める選手像として、「我々が考えるのはデンベレの穴埋めであり、そのためにはサイドの選手である必要がある。まぁ、単純に置き換えるようなことはできないだろうが」との考えを示した。だがウクライナのスポーツジャーナリスト、アルテム・フランコフ氏によれば、ドルトムントは方向を修正。

身長187cmのウクライナ代表ウィンガー、アンドリー・ヤルモレンコに白羽の矢を立てたという。同氏によれば、すでにヤルモレンコは現地入りしており、これからメディカルチェックを受けるとのこと。なおヤルモレンコといえば、2015年夏、さらには2016年冬にも獲得リストに含まれていたとみられており、もしも成立となれば、三度目の正直ということになる。

デンベレとヤルモレンコは、まさに対照的な選手だ。20歳のデンベレに対し、ヤルモレンコは27歳。細身のテンポドリブラーではなく、むしろ強固な身体をいかしたパワフルなプレーをウリとしており、ディナモ・キエフでは339試合に出場して137得点、さらにウクライナ代表では69試合に出場して、29得点をマークしてきた。移籍金額は、2500万ユーロにのぼるという。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報