ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月24日

マルコ・ロイスに遂にゴーサイン!フルメニューに参加へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルシア・ドルトムントとマルコ・ロイスに朗報が届いた。シュトローベル医師監修の下で行われたロイスの最終検査では、右膝後十字靭帯の部分断裂により手術を受けた箇所について、100%完治していることが確認、これによりロイスの復帰にむけて障害はなくなっている。

これまでは対人戦などの練習参加は控えてきた同選手だが、来週月曜からチーム練習の全てに参加することが可能だ。ただドルトムントは「至って普通の体づくり」の必要性を強調。およそ4週間以内での試合復帰を見込んでいるという。

ペーター・シュテーガー監督は「私は選手が自分自身でいけると感じるまでは、決して無理に使うようなことはしない」とコメント。言葉を言い換えるならば、ロイスの8ヶ月ぶりとなる実戦復帰に向けて、あとはロイス自身が確信を抱くその瞬間を待つばかりとなった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報