ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月25日

シュテーガー監督「オーバメヤンは今節はオプション」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


規律を乱したことによる出場停止や、現在はアーセナルとの移籍交渉が伝えられるなど、今冬も何かと話題を振りまいているピエル=エメリク・オーバメヤン。前節ではまだ「100%集中できていない」として、前々節につづきメンバーから外されていたのだが、今週の同選手に対してはペーター・シュテーガー監督は好印象を抱いているところだ。

「今週いまのところは、彼はいい印象を残している」と語った指揮官は「もしもこのまま続いていくならば、メンバー入りを果たすことになるだろう」とコメント。もしも復帰となれば、この2試合では香川の得点のみに終わり6位転落となったドルトムントにとって、昨季ブンデス得点王にはこの決定力の改善を期待したい。

特に前節のヘルタ・ベルリン戦でトップの位置で先発出場したアンドレ・シュールレは、前半では孤立する場面が見られていたのだが、ただ67分に起用されたイサクについてシュテーガー監督は「彼は危険となる状況を察知する能力がある」と評価、さらに日々の練習で期待の若手FWは自身を蓄積して「迫る勢いを見せている」と言葉を続けた。

なお今節ホームで対戦するフライブルクは、ここのところ7試合で無敗を継続するなど好調な戦いを披露。シュテーガー監督は「私はこのチーム、そして監督のファンの一人さ」と公言しており、「フライブルクは常にいい意味でのサプライズを演じる可能性があるチームだ」と賛辞をおくっている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報