ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月26日

ドルトムントのスボティッチがサンテティエンヌへ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ネヴェン・スボティッチが、12年間のブンデス時代にピリオドを打ち、仏1部サンテティエンヌへと移籍することを決断した。ドルトムント側は29才の元セルビア代表CBに対して、「これまでのクラブに対する多大なる貢献」を考慮して、移籍に障害を設けることはなく、kickerが得た情報によれば移籍金額は50万ユーロとなった模様。

ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「これまでおよそ10年に渡り、ドルトムントと大きな成功を共に祝ってきた。人間性でも素晴らしい人物だよ」と評価。「クラブ関係者すべてを代表して」感謝の気持ちを述べている。

2008年にマインツ時代からの恩師ユルゲン・クロップ氏率いるドルトムントに加入した同選手は、これまでドルトムントにて公式戦265試合に出場して19得点をマーク。キャリアのハイライトは国内2冠を達成した2011/12シーズンと、CL決勝の舞台へと進んだ2013年であり、昨季後半戦では出場機会を求めケルンにレンタル移籍していた。

「これまで過ごすことができた素晴らしい時間」に感謝の気持ちを示したスボティッチは、「共にタイトルを獲得した」このクラブの一員であったことを誇りに思うとコメント。なおサンテティエンヌとの契約は2020年までとなっている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報