ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月18日

ロイスとザガドゥがハノーファー戦を負傷欠場

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜午後からホームでハノーファー戦を迎えているボルシア・ドルトムントだが、この試合では先日のELザルツブルク戦にて先発していた、マルコ・ロイスダン=アクセル・ザガドゥの2選手が負傷により欠場した。

そのザルツブルク戦では、もっとも低調なパフォーマンスを露呈してしまった選手の一人となった18才のDFだが、「大腿筋の損傷により、これから数週間は離脱することになる」とクラブ側より発表。そのため本日の試合では、エメル・トプラクとともに、ELでの出場資格がなかったマヌエル・アカンジが先発起用。ソクラテスは負担を考慮してベンチスタートとなった。

また筋肉系の問題をかかえザルツブルク戦ではハーフタイムで交代していたロイスについては、これから2週間の間でとくに負担などをかけなければ、再び完調を果たす見通し。なお今回の代表戦期間ではヨアヒム・レーヴ代表監督はロイスの招集を見送っており、ロイスはこの期間を利用して回復に務めることになる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報