ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月02日

29歳になったマルコ・ロイス、W杯前に久々の代表戦出場へ!

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


故郷からも、家族からも遠く離れたイタリア南チロル地方にて、20代最後となる誕生日を迎えたマルコ・ロイス。同選手について、ヨアヒム・レーヴ代表監督は「非常に才能あふれる、インテリジェンスをもち、相手に衝撃を与えることができる選手だと評価している。まさに見事な能力の持ち主であり、非常に軽快で、かつ実践的。彼のタイミングは正確で、それはパスゲームにも言えることだよ。フィニッシュのシーンでは洗練されたプレーをみせており、非常に好印象を抱いているところだ」と賛辞を送った。「マルコはロケットだ!」

前回のW杯、そしてユーロ2016と、そのいずれも負傷により欠場をよぎなくされてきたロイス。しかし今回のロシアW杯ではレーヴ監督の構想にしっかりと入っており、土曜日に行われるオーストリア代表とのテストマッチにて、久々に代表戦復帰を果たし、その後の練習でも最後までメンバーと共に過ごしていくことになるだろう。ロイスはサネやヴェルナーらと興じている姿などをみせており、この上ないほどにチームに馴染んでいる。

「彼にとっても我々にとっても、今回彼が再び、長期間にわたって一緒に過ごせるということはいいことだ。彼にとって重要なことは、代表チームの流れを知ってもらうこと。今週もうまくこなして、順調に進んでいくよう期待しているし、そうなれば我々はロシアのW杯にて、彼のプレーに熱狂することができるだろうさ」

なおオーストリア戦では、29歳になったばかりのドイツ代表は、自身にとって30試合目となるA代表戦を戦うということにもなるのだが、起用法としては左ウィング、もしくはセカンドトップやトップ下という位置でも考えられるだろう。先日の代表メンバー発表の際にレーヴ監督は、そのフレキシブルさと「卓越した能力」がドイツ代表の「特別な武器なんだよ」と表現。ロシアではこの4年間で叶わなかった、大舞台でのマルコ・ロイスの姿を遂に見ることができそうだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報