ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月28日

ドルトムント、レアルからアクラフ・ハキミをレンタル間近

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


サイドバックの補強を目指していたボルシア・ドルトムントだが、どうやらその答えを見出したようだ。レアル・マドリードからアクラフ・ハキミを迎え入れる模様。ロシア・ワールドカップでチュニジア代表として参加していた19才は、kickerが得た情報によればレンタルでの加入となる見通しで、かつてレヴァークーゼンにレンタル移籍し復帰した、同僚のダニエル・カルバハルと同じ道を辿ることになる。

チュニジア代表として13試合に出場している同選手は、代表では左サイドバックでプレーしているものの、レアル・マドリードでは右サイドバックとしてプレー。今季はジダン監督の下、リーグ戦17試合で出場を果たしており、これからドルトムントでは臀部の手術から40・50試合はもう出場を期待できないウカシュ・ピシュチェクの、負担を減らしさらなる出場機会の確保を目指していくことになる。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、水曜日の時点ではまだ今回の移籍について明言することはなかったのだが、「基本的に、一考の価値はあるものだ」とコメント。特にレアルのペレス会長と、ドルトムントのヴァルケCEOの親交が深いことも、今回のレンタル実現にむけてプラス材料となっているはずだ。なおレアル・マドリードとの契約は2021年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報