ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月20日

ヴィツェル、フュルト戦でデビューなら途中出場か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に中国からボルシア・ドルトムントへと加入したアクセル・ヴィツェル。以来、練習には12日間にわたって参加しており、金曜日にははれてFIFAからのドイツ杯出場の許可が下りたことからも、この試合での公式戦デビュー戦が期待されているところだ。

 「今の所、アクセルはまだ20分間しかテストマッチでプレーしていない。ラツィオ戦でのことだ。それでは月曜日の試合までにはあまりにも短すぎるというものだよ」と、土曜日に行われたプレスカンファレンスにて、ファヴレ監督はコメント。「ただこれから二日間あるし、それまで見極めていくということになるさ」と語った。

 そして昨日の遠征メンバーにはそのヴィツェルの姿も見受けられているが、ただファヴレ監督のコメントからも、いきなり先発として起用することは考えにくいだろう。

 一方で内転筋に痛みを抱えて離脱していたユリアン・ヴァイグルについては、金曜日にドルトムントIIにて実戦復帰を果たしており、約1時間にわたったプレーについて「彼にとってはとても重要なものだった。しかしまだ少し時間はかかるよ。数日、もしくは数週間はかかるだろう」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報