ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月29日

ドルトムント、スペイン代表FWパコ・アルカセル獲得を発表

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夕方、ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナより、パコ・アルカセルを獲得したことを発表した。1年間の期限付きながら来夏行使可能の買い取りオプションが付随しており、レンタル料は200万ユーロ。買い取り金額は2600万ユーロとなっている。背番号は9。

 現在のドルトムントでは、典型的なCFタイプとなると、若手のイサクただ一人という状況であり、戦前からFWの必要性が伝えられてはいたのだが、ドイツ杯初戦ではロイスやフィリップがトップの位置でプレー。ファヴレ監督自身が、チーム全体からの供給に依存するタイプのFWよりも、俊敏性に長けた深い位置へと切り込むタイプを好む傾向が、ここでも見て取ることができる。

 先日、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、フィジカルに長けたFWの獲得が必ずしも必要ではないとの見方を示しており、「重要なことは、しっかりと得点を決めることだよ」と説明。そしてそのファヴレ監督が獲得を希望した選手が、オーバメヤンともレヴァンドフスキとも、バチュアイともタイプが異なるパコ・アルカセルだ。

  身長175cm、24才のFWは、2016年までに在籍したバレンシアにて124試合に出場し43得点、17アシストをマーク。移籍金3000万ユーロでバルセロナへと移籍していたものの、しかしながらメッシ、スアレスらとの激しい定位置争いにさらされ、2年間で50試合に出場し15得点8アシストを記録していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報