ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月24日

矛と盾:ドルトムントの攻撃力がアトレチコの守備力へと挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 リーグ戦で首位のドルトムントが掲げる、もう1つの目標。それはチャンピオンズリーグのグループリーグでも首位に立つということだ。そのためには今回のホーム戦で、強豪アトレチコから勝利を収めなくてはならない。

 「今回勝ち点3を取れれば首位に立てる。モチベーションは高いよ」と、主将のマルコ・ロイスはコメント。両チーム共にここまで2試合で2連勝。高い守備力を誇る、ELをも制したアトレチコとの戦いは、決して容易なものなどではない。

 ルシアン・ファヴレ監督は「ここ7・8年でアトレチコは欧州トップクラスのチームの1つだ。常にスペインでトップ3に入っている。」と警戒心を示し、さらにロイスも「アトレチコはここのところ国際舞台において、何度かその見事なまでのクオリティを実証してきた、多くの成功を収めてきたクラブだ。とてもいい個の力をもっているね。」と語った。

 しかしそれはドルトムントに対してもいえることだろう。特にマルコ・ロイス、そしてパコ・アルカセルに至ってはここ5試合で8得点と見事な成績をマーク。このオフェンス・コンビはアトレチコにとっても脅威だ、

 ただまだ言語では幾分か壁はあるようだが。「そうだね、僕のスペイン語は決してそんなにいいわけではないから。それは彼のドイツ語にも言えることだだよ」とロイス。「でも英語でコミュニケーションをはかっているし、サッカーをする分にはやりやすさがある。サッカーを理解しているし。FWとしての役目も認識している。ほとんど慣れへの問題はなかった。このペースで得点を重ねていってくれれば、チームにとってもちろんとても大きな助けとなるものだよ」

 ぜひ今回のアトレチコとのホーム戦でも目にしたい。それができたとき、ドルトムントはチャンピオンズリーグのグループリーグ首位に立つことができるだろう。

ドルトムントの先発予想:ビュルキ – ピシュチェク, ディアロ, ザガドゥ, ハキミ – ヴィツェル, デラニー – C.プリシッチ, ロイス, サンチョ – フィリップ

アトレチコの先発予想:オブラク – フアンフラン, ごディン, ヒメネス, フィリペ・ルイス – ロドリゴ, サウル・ニゲス – コケ, レマル – グリーズマン, ジエゴ・コスタ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報