ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月04日

パコ・アルカセルが2年半ぶりにスペイン代表復帰

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2年半に渡ってスペイン代表から遠ざかっていたパコ・アルカセルが、今月行われるウェールズ戦、そしてイングランド戦に向けてルイス・エンリケ監督より再びスペイン代表から招集を受けた。

 これはセルジ・ロベルト、イスコ、カルバハル、イニゴ・マルティネスらが負傷のために参加が見送られたことも影響。なおアルカセルにとって最後の出場となったのは、2016年3月27日に行われたルーマニアとのアウェイ戦であり、ユーロ予選ではチーム最多得点をマークしていたものの、フランスでの本戦では招集が見送られていた。

 今夏にバルセロナからボルシア・ドルトムントに加入した同選手は、ここまでリーグ戦ではジョーカーとして3得点をマーク。さらに昨日行われたチャンピオンズリーグGL第2戦ASモナコ戦でも得点をあげている。

 なおかつてドルトムントでプレーし、現在はレアル・ベディス・セビージャで活躍をみせているマーク・バルトラが代表復帰。ブンデスからはバイエルンのティアゴが招集を受けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報