ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月06日

ドルトムントの快進撃を支える、アクセル・ヴィツェル

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 決定力の向上と共に、チャンピオンズリーグGLのみならず、リーグ戦でもバイエルンを交わして首位へと浮上したボルシア・ドルトムント。そのなかで脚光を浴びているのがヤコブ・ブルーン・ラーセン、ジェイドン・サンチョ、そしてクリスチャン・プリシッチら、若手ウィンガーの台頭にあるのだが、しかしながらそれを支えるベテラン選手の活躍もまた、見逃すことのできない部分だ。

 今夏に共に加入したトーマス・デラニーとダブルボランチを形成し、モナコ戦でも快勝に貢献したアクセル・ヴィツェルは、ドルトムントの中盤において、テンポや戦術面で欠かすことのできない存在となっており、後半開始早々にドルトムントが先制点を決めたあとでは、それから試合が荒れかねない状況にあっても冷静に対応。

 この試合について同選手自身は、チームのフィジカル面とメンタル面、我慢強さについて「モナコ戦でも見て取れたね」と賛辞を送ったが、自身が高い位置からプレスを仕掛けてボール奪取し、総タッチ数88のなかでパス成功率は94%、さらに対人戦勝率では100%という数字からも、ヴィツェルがこの試合でみせたその存在感の大きさが感じ取れるといえるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報