ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月01日

土壇場でPKを決めたロイス「プレッシャーは感じなかった」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのドイツ杯では、1回戦、そして2回戦ともに、ブンデス2部のクラブとの対戦となったボルシア・ドルトムント。そして初戦のグロイター・フュルト戦では、土壇場で途中出場のヴィツェルが同点ゴールを決め、そして2回戦のウニオン・ベルリン戦では、逆に終了間際で途中出場の相手FWポルターに同点とされて延長戦へ突入。そして決着がついたのは共に120+1分。決めたのは2度ともマルコ・ロイスだった。

 試合後、ルシアン・ファヴレ監督は「こういったチームとの対戦は、非常に難しいものだよ。とてもうまく組織化されており、とても安定している。崩していくことは決して易しいことなどではない」とコメント。「ただ最終的には勝ち抜けることが重要なんだ。残念ながら終了3分前に2−2とされ、更に30分間戦うことになったが。PK戦までは避けられたよ」と言葉を続けている。

 この日マン・オブ・ザ・マッチに輝いたのは、大事をとってベンチスタートとなったマルコ・ロイスだった。1点リードした後半79分に、先発として久々の復帰を果たした香川真司と交代で入った主将は、後半118分に相手選手のファウルでプリシッチがPKを獲得すると、それから試合は一時中断となり、最終的に蹴るまでに数分間待つことを余儀なくされた。

 しかしそういった周囲の雑音に決して惑わされることなく、ドイツ代表MFは沈着冷静にこの重要なPKをしっかりと決めてみせており、試合後にはこの時について「間違いなく、特別な状況にあった。蹴る時にはもう、延長戦のロスタイムに入っていたのだから。でもプレッシャーは全く感じることはなかったね」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報