ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

ハキミ「レアルからドルトムント移籍を2選手が後押ししてくれた」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にレアル・マドリードからボルシア・ドルトムントへと加入しているアクラフ・ハキミにとって、アトレチコとの一戦はその時以来となるマドリードでの試合だ。そんな同選手は、スペインのラジオ・マルカとの取材に応じており、そこでの発言をSportBildが伝えている。

 まずここまでのドルトムントの移籍については、「とても良い、クレバーな移籍だったと思う。大きな挑戦だったけど、でもすぐにうまく展開して嬉しいよ」とコメント、さらに「カルバハルとマヨラルが、良いアドバイスをくれたんだ。それがここへの移籍決断の1つの理由にもなったよ」とも明かした。

 またアトレチコに対しては、前回のホーム戦で4−0で勝利を収めているが、「とても難しい試合になるだろう。強敵なんだ」と述つつ、「僕たちも大きなクラブの1つ。自分たちのサッカーをして、苦しめていきたいと思うよ。勝つために戦うんだ」と意気込みを見せている。

 さらに現在危機に陥っているレアルについては、「驚いたね」とハキミ。またロペテギ監督が解任となったことについては「まだ彼の監督としての力を発揮する時間がなかったと思う」との考えを示した。

 なおそれ以前に突如辞任した、ジダン前監督については「僕たちの誰も知らなかったよ。続投すると思っていたし、彼だけが理由を知っているという感じだ。」とも語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報