ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月07日

香川真司、初めてドルトムントU23で出場

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス4部相当のレギオナルリーガに属するドルトムントU23は、木曜日にロート=ヴァイス・エッセンと対戦。そこにはアレクサンダー・イサク、エリック・エールシュレーゲルと共に、セバスチャン・ローデと香川真司がはじめてレギオナルリーガでの出場を先発で経験した。

 試合はアレクサンダー・イサクが6分、16分、28分と前半のうちにハットトリックを達成。 そしてその3得点のいずれも、香川真司がアシストする素晴らしい活躍をみせた。なお後半では、開始早々にユリアン・シュヴェアマンが30mの距離から追加点、さらにその2分後には再び香川真司がドミニク・ヴァナーが5点目をアシスト。香川はフル出場している。

 これによりドルトムントU23はエッセンを交わして西地区2位浮上を果たしている。首位は7差でヴィクトリア・ケルン。その一方でこの日、ボルシア・ドルトムントは敵地マドリードにて、CLグループリーグ第4節アトレチコ・マドリードと対戦、0−2で敗戦を喫し、ルシアン・ファヴレ監督就任以来、初の黒星がついた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報